営業職に必要なメンタルを持つコツ

営業職に必要なメンタルを持つコツ

営業職に就いている以上、営業ノルマのプレッシャーは常にあります。営業ノルマ達成のために世の中の営業マンは精神的に追い詰められながら仕事をしている方が多く、並ならぬメンタルの強さが必要とされています。今回は営業マンにとって必要なメンタルを持つコツを紹介します。

営業マンの役を演じる

お客様に合わせて営業マンの役を演じて自分を守りましょう。初対面で柔軟に対応できる人ばかりではありませんが、自分自身がどういうキャラクターでお客様と接しようかと決めてしまって、それを演じきることで、営業ストレスは軽減されます。メンタルに与えるダメージを少しでも減らす為に、お客様によって、どのような対応をするかというパターンを持ちましょう。例えば、明るい営業マンを演じるのか、ノリがよい営業マンを演じるか、場合によってはフレッシュさを全面に押し出して、新鮮さたっぷりの営業マンでも構いません。「このお客様にはこのタイプで行こう!」と決めて、そのキャラクターを演じきる楽しさを持つことができれば、営業という辛い職業でも楽しむことができるかもしれません。

シミュレーションしすぎない

商談や打ち合わせ、テレアポ、飛び込み等でお客様に対しての対応をシュミレーションしすぎないようにしましょう。こういう人がこういう話をしたらこういう対応をしよう、とシュミレーションすることは必要ですが、それをしすぎることでお客様への先入観が強くなってしまう場合があるので、いざ話してみたら「シュミレーションと違った」と、なってしまう可能性があります。営業マンは数多くのお客様と会う必要があるので、いくつか対応パターンを考える程度にして、心に余裕を持ちましょう。

断られるのは当たり前

断られても気にしないようにしましょう。いくらトップの成績を上げている営業マンでも百発着中の営業マンはいません。基本的にお客様は営業マンが嫌いな人ばかりです。なので、1回1回断られるたびに前向きの気持ちに切り替えるのではなく、断られて当たり前の精神を持って営業するだけでメンタルを守ることができます。寧ろ、断られて当たり前精神で営業することで、営業マン特有の「売り込み感」が薄まり、営業にも余裕が生まれ、今よりも営業成績が上がるかもしれません。このように営業職である以上、少なからず精神的ストレスがかかり、メンタルを強く持っていないと、すぐにつぶれてしまいます。

営業職において切羽詰って仕事をするよりも、余裕を持って仕事をする方が自分を守ることができるので、ここまでのポイントを押さえて、営業マンにとって必要なメンタルを持ち続けていきましょう。