テレアポでメンタルを保つ方法

テレアポでメンタルを保つ方法

テレアポは潜在顧客や新規顧客獲得のために電話でアポを獲得する仕事ですが、テレアポ先も不要な営業は受けたくないという点から電話が来たらほとんどが断るのが当たり前となっています。その為、常にお客様に断られ続けられるテレアポは精神的ストレスが非常に大きい仕事でもあります。通常のメンタルではすぐに心が折れてしまい、アポが獲得できたとしても、長く仕事を続けることは難しいでしょう。そこで今回はテレアポをする上でのメンタルの持ち方を紹介します。

自分を卑下にしない

断り顧客が続いたとしても自分を卑下にしないようにしましょう。テレアポの先の中には、人格を否定してくるような人や、話を聞く前から電話を切ったりする人は数多くいます。1件1件「取り次いでくれるはず」と期待しすぎたりすると、いざ断られたときに自分へのダメージが大きくなります。そういう時は「自分は悪くない」と思うようにして、あれこれ悩む前に電話していきましょう。

モチベーションをコントロールする

モチベーションをコントロールしてメンタルを保ちましょう。テレアポに限らず、営業という世界では「常にモチベーションが高くなければいけない」や「常に前向きな姿勢で取り組むべき」など言われることが多いと思いますが、人間なのでモチベーションに波があるのは正直仕方が無いです。ただその中でも自分のメンタルを守るためにモチベーションをコントロールすることはできます。例えば、お昼休憩に少し散歩してみるや座ってできるような簡単なエクササイズをしてみたりと、体を動かしてみると気分がリフレッシュできるので、自分なりの方法を探してみましょう。

アポまでをマニュアル化する

アプローチからアポ獲得までの流れをマニュアル化しましょう。1つ1つ考えて失敗して心が折れるのであれば、1度トークをマニュアル化にして話を進めましょう。マニュアル化するまでには何度もトークを見直して、成功事例を集めるほかありませんが、そこは電話していく中で少しずつ調整していきましょう。このようにテレアポはメンタルを保つのが大変な仕事ではありますが、ここまでのポイントを押さえることで、テレアポを今よりも楽にやり続けることができるでしょう。