人材派遣で成功する営業のコツ

人材派遣で成功する営業のコツ

求人サイトでも常に募集をみかける人材派遣の営業職。よく「残業が多い」「激務」「派遣社員の面倒をみることが非常にストレス」「人を信用できなくなるつらさ」などの声が聞こえます。理由としては日中仕事をしている人を相手に転職相談をしているので、転職希望者と会うのも平日の遅い時間や休みの日になる事も多く、休みもとりづらい環境の為です。
今回はその環境の中でもしっかりと成約ができる営業マンのコツを紹介します。

ターゲットを決めてから行動する

まず営業マンに意識して欲しいのは、ターゲットの重要性です。どんなに回ってアポが取れても、話を聞いてもらえても、その企業が今人材を必要としていなければ意味は無い為です。業績好調な企業や見通しの明るい分野に挑戦して行く企業などをリストアップして臨むようにしましょう。やみくもに当たってはなりません。

御用聞き営業にせず提案営業を行う

御用聞き営業ではただただ断られたり、検討を先延ばしにされてしまってを成約率を上げることは難しいです。今以上にクライアントの事を業績、方向性を始め熟知し、クライアントがタッチする業界の動向なども勉強した上で、どのような人材を欲しているのかといった要望に加えて、このような人材が必要なのではないか、といった提案をすることができれば、より成約率の高い営業をすることができるでしょう。

市場同行ニュースを常に発信

お客様の中には、自社の社内状況のことばかり考えて、市場動向などにあまり目を向けていない企業も少なからずあります。逆に言えば、お客様にこうした業界・市場動向をお知らせすることで、お客様のビジネス発展のきっかけを作ることができる可能性があります。お客様が新たなビジネス展開をするということは人材サービス会社にとってもチャンスです。こうした状態に導くためにも、お客様の市場動向ニュースをピックアップして発信するというのは有効な手段です。

担当する求職者との信頼関係の構築

人材紹介会社が扱う商品は求職者であり「人」ですから、この「人」のマネジメントが最も重要なポイントになってきます。人材紹介業の営業がキツイという理由のひとつに、商品(=人)次第で成約できるか否かが左右されてしまうという点があります。

紹介先企業の調査に問題がないのにも関わらず、求職者に不満があり契約に至らないとすれば、それは紹介先企業と求職者とのミスマッチが起きていると言わざるを得ませんし、それは求職者のことをこちらがよく知らなかったり、信頼関係を構築できていなかったりというのが根本的な原因になるでしょう。求職者のことをよく知るためにも、信頼関係の構築は必要不可欠となります。
ここまでのポイントを押さえることで今よりも成約率は少なからずアップしていくでしょう。