店舗への営業で契約数を伸ばすためのコツ

店舗への営業で契約数を伸ばすためのコツ

飲食店や理美容室、アパレル店など様々な業種の店舗がありますが、店舗への営業の数もその分だけ様々な種類があります。ほとんどの店舗は、あまりの営業の数にうんざりすることが多く、アプローチすら難しい場合があります。営業マンにとってアプローチもできないとなると契約に結び付くことはありません。今回はそんな店舗への営業で契約数を伸ばすためのコツを紹介します。

決裁者を見つける

店舗への営業で重要なのは決裁者を見つけることが重要です。よくあるのが、決裁者ではなく担当者に商談し、結果を先延ばしにされることがあります。契約を取るために手っ取り早いのは決裁者に営業することなので、なるべく決裁者に直接アポイントを取るようにしましょう。その為にも、店舗の決裁権が誰が持っているのかをしっかり聞き出すことが重要となります。

アプローチの時間を気遣う

店舗へのアプローチ時間に気を付けましょう。お客様がいる状態でアポイントを取ろうとしても基本的にはうまくいきません。当たり前ですが、店舗としては営業マンを優先することはないので、営業マン自身である程度、店舗のピーク営業時間を把握しておきましょう。加えて店舗への初回訪問では、時間を掛けない雰囲気を与えるように「1~2分だけ時間だいじょうぶですか?」と聞くことで店舗の方もそれぐらいならとアプローチを許してくれやすいので、アポイントつくりやすくなります。

他社検討に勝つ

他社検討に勝つようにお客様に好きになってもらいましょう。基本的に、営業マンが紹介する商材は他の営業マンも紹介しています。店舗としては、失敗はしたくないので様々な営業マンの営業を聞いた上で判断します。そこで他の営業マンに負けないように、お客様に自分を好きになってもらいましょう。その為にも、お客様の悩みなどを対等の立場で聞いてあげるようにしましょう。お客様としても一緒に店舗のことを親身なって考えてくれる人を好きになります。

紹介をしてもらう

お客様から契約を結び付けることができたら、紹介をしてもらえるようにしましょう。店舗の決裁者は、他の店舗の決裁者や経営をしているお客様といった独自の知り合いがいることが多いです。営業マンの契約数を増やす為にも、お客様との関係を深めて、次につなげるようにしましょう。

このように店舗営業では、店舗状況を把握し、決裁者との関係値を深め紹介営業でつなげていくことが重要なので、ここまでのポイントを押さえることで、今よりも契約数を伸ばしていくことができるでしょう。