オール電化営業で契約数を伸ばすコツ

オール電化営業で契約数を伸ばすコツ

オール電化営業は、よくリフォームや太陽光の営業と一緒にお客様へ案内します。しかし、オール電化自体、基本的に商品力が他社とさほど変わりはしないため、お客様も営業慣れしてしまっている現状があります。つまりは営業マンが「オール電化」と話した途端、即断る場合が多くあります。今回はそんなオール電化営業で商品力があまり変わらない中、今よりも契約数を伸ばすためのコツを紹介します。

質より量で営業する

電話営業でも、飛び込み営業でも稼動時間中はできるだけ多くのお客様と話をしましょう。100人のお客様と出会ったのであれば20~30人は「自分の事を嫌わない」という相性の良いお客様はいるので、そういったお客様を探し出す為にも、限られた時間でなるべく多くアプローチしていきましょう。その為にも、「断られるのは当たり前、断られても自分が悪いわけではない」と思いながら固定概念捨てて営業していきましょう。

アプローチは全力で行うこと

アプローチで断られないよう第一印象良くしましょう。、初めの5秒で第一印象は決まるので、話を聞いてもらう為にも、挨拶が暗かったり、何を言っているか分からないとお客様に断られやすくなります。ただでさえお客様は不信感を持っているのでアプローチ段階で断られない為にも、最初の挨拶だけでも元気良くハキハキとアプローチし、お客様に不快感をあたえないようにしましょう。最初の1分間を突破することができれば話はスムーズになりやすいでしょう。

当たり前感を出していく

当たり前感を出して営業しましょう。例えば、対象のお客様を見つけることができ、話を聞いてもらえるような体勢になった後「太陽光発電でオール電化にしてみませんか?」とお客様に聞くよりも「太陽光発電でオール電化にすることでガス代がなくなったらうれしいですよね?」と、当たり前感のある質問をすることでお客様の断り文句を出しにくくすることができます。

提案は1つだけにする

お客様に提案する際は自信をもって1つのプランを提案するようにしましょう。提案プランを5個~20個作るのがこの業界的に常識ですが、お客様は太陽光発電の専門家じゃないので、複数のプランを提案されても迷うだけです。「自分が良いと思ったものしか売れない」という意識を伝えることでお客様に良い印象を与えることができるので、複数のプランを持っていたとしてもお客様に合ったプランを紹介するようにしましょう。

お客様の不安を解消する

お客様の不安を解消してあげましょう。電気はライフラインの1つということもあって、オール電化となると今までと勝手が変わる等様々な不安があるので、しっかりとお客様に安心してもらいましょう。基本的に面倒だからや分からないからという理由で断っているので、まずはお客様が不安に感じていることや分からない部分をしっかり解決させて、その後にお手間無く切り替えることができることを案内しましょう。少しでもお客様に喜んでもらえるように、ここまでのポイントをしっかり押さえて営業していくことで今よりも契約数は伸びていくでしょう。