お客様との人間関係を築く塗装営業のコツ

お客様との人間関係を築く塗装営業のコツ

塗装営業は、地域密着や過当競争、差別化が困難という点から営業の中でも難しい業種となります。お客様がホームページなどで調べてお問い合わせするだけで会社運営ができるのであれば問題ありませんが、実際には新規のお客様を獲得しないと現実問題難しいです。そこで今回は塗装営業のコツを紹介します。

警戒心を解いて人間関係をつくる

塗装営業は飛び込み営業が一番効率が良い業種であります。ただ、アプローチをするにあたってのコツとしてはインターフォンを押して訪販の訪問目的や社名を名乗らなくてもいいので、外に出ている人に話しかけましょう。話題はなんでも大丈夫なので、挨拶だったり、庭先に咲いている花などを褒めたり、とにかく相手の気分を良くする話をしてみましょう。営業においてまず、相手の不信感や警戒心をしっかり解いて人間関係を築くのが重要です。

タイミングを見ながら何度か訪問する

塗装営業において、その日飛び込みして即決という流れは非常に少ないケースです。1度目の訪問では人間関係を作ることに注力し、2度目以降はお客様が気づいていない問題などを指摘し契約に繋げるようにしましょう。

悩みを共有できるヒアリングをする

人間関係が築けた後はお客様の悩みをお互いに共有化しましょう。その為にもヒアリングはとても重要となります。そのヒアリングも売りつける為のヒアリングでは、築いた信頼関係を崩しかねないので、あくまでもお客様にとって有益な情報を提供するためのヒアリングを行いましょう。

去り際はきれいにする

塗装の営業はターゲットが地域密着ということもあり、訪販の場合はお客様に不快感を与えるとその地域に悪評が連鎖的に広まってしまいます。なので、どんなに冷たく断られようが「失礼しました。そうですよね。今はまだいいですよね」や「こちらの地域でお役に立つようにがんばりますので…」といったように、去り際だけはきれいにしましょう。ここまでのポイントを押さえ、難しい塗装営業で活躍していきましょう。