自社を選んでもらうための買取営業のコツ

自社を選んでもらうための買取営業のコツ

営業=売るというイメージが強くありますが、買取専門店の営業は「買い取る」が営業のスタイルになります。買取営業の場合、お客様の心理としては「できるだけ高く売りたい」、「手間を掛けず」「安全に」というような気持ちで来店してくることが一般的だと考えられます。

こうなると単なる価格競争になるので、営業は必要なく感じますがこの買取専門店のビジネスモデルとしては転売するものがないと売上につながらないため、他店に買い取られないよう営業をかけなければなりません。そこで今回は買取営業のコツを紹介します。

お客様の信頼を獲得する

買取営業に限らず通常の営業でもお客様の信頼は重要ですが、買取営業でも同じです。もちろん、身だしなみなど第一印象よくすることも大事ですが、それよりも業界の情報提供をしてあげましょう。会社によって話せる、話せないはあると思いますが、買取る側の情報とお客様が売るメリットが合えば信頼でき、買い取ることができるでしょう。

他社との差別化

お客様は何社も査定している方がほとんどです。その中であからさまな他の会社の批判はよくありませんが、買取業界の裏事情、例えば「悪徳業者がお客さんを騙す手口」などを説明してあげられれば、お客様からの信頼と同時に他社との差別化もしやすくなります。「適正な価格で買い取ります」という真摯な思いを伝えましょう。そうすることで、何社かある買取専門店からあなた自身を選んでもらえるようになります。

買い取りに対する不安を解消する

お客様は買い取り価格も重要ですが、手間を掛けずに、安全に買い取りをスムーズにしたいという気持ちがあります。買取の流れなどを分かりやすく端的に資料や手書きの絵などでお客様に理解してもらうまでしっかり説明しましょう。

クレームの発生を防ぐという目的もありますが、なにより自分を選んでもらえるよう全力でサポートします、ご協力しますという印象をお客様に伝え、信頼してもらいましょう。

お客様を第一に考え、胸を張って営業すると必然的に口コミなどでじわじわと評判は広まります。今よりも営業成績を伸ばしたいのであればここまでのポイントをしっかりおさえて営業してみましょう。