営業で相手に理解されやすい説明のコツ

営業で相手に理解されやすい説明のコツ

どの業界の営業でも、クライアントや取引先のビジネスマンがきちんとした知識を持っていない、という場面は多くあります。そういった場合に詳しくない相手にどうやって説明したら良いのか、理解してくれるのか普段からきちんと工夫する必要があります。業界で長い間働いていると、気がつけば一般人には分からない専門用語だけで話すようになってしまっている場合が多いです。そこで今回は営業でもプレゼンでも、相手に説明が伝わるコツを紹介します。

相手の知識レベルに合わせる

相手の知識レベルに合わせて説明するようにしましょう。知識レベルに差があると、伝えた説明がしっかりと伝わっておらず、最悪クレームに発展する場合があるので、随時相手の知識レベルを測る質問をして、お客様の知識レベルをヒアリングしましょう。そして、詳しいものには、専門用語などでしっかりわかっている営業マンだなと信頼してもらい、詳しくないものには、わかりやすい説明でしっかり納得してもうようにしましょう。

中学生でもわかる言葉を使う

あまり知識を持っていない相手には、中学生でもわかるような言葉を使うようにしましょう。営業マンの多くに意識せずに難しい言葉を使ってしまっている人というのは結構います。というのも、営業マンにとって専門用語というものは、その中に複雑な意味合いを含んでいるので説明が楽ということがありついつい使ってしまいがちです。ただ、そういった用語や知識を持たない人からすると、当たり前に説明する姿から中々「わかりません」と伝えづらくなります。詳しい人同士であれば大丈夫ですが、そういった用語を使うことで詳しくない人向けの説明や補足をしっかり考えておきましょう。

一文は短く、簡潔にする

説明は端的にわかりやすくしましょう。どんなに分かりやすい説明でも、一文が長いと説明の中身が上手く相手の頭に入っていきません。重要なところだけを短い言葉で説明しましょう。加えて説明の最初と最後をリンクさせようにすることで、最初に何について説明するのかを示した上で、結論として最後に同じ説明を行なうことで、最初と最後で言っていることが同じようにすると、途中で話が脱線することを防ぐことが出来ます。

説明して理解してくれた専門用語は使おう

専門用語を使うときは相手が理解した時にしましょう。中学生でも理解出来る言葉で説明するだけが分かりやすさではありません。最初は分かりやすい言葉で説明し、相手が理解してくれた用語については積極的に説明の中で使うようにしましょう。相手としても理解したての言葉を使う方が楽ですし、こちらも必要に応じて用語を使った方がより短い言葉で説明することができるからです。このように、相手の立場になって説明する言葉の構成を考えることで、相手も理解が速くなり、営業マン自身も楽をすることができます。ここまでのポイントを押さえることで、今よりも上手に説明ができるでしょう。